生産管理・在庫管理・販売管理 CAD/CAM 連動など設計から出荷まで、一貫したシステム構築

軽減税率補助金について

お使いのシステムの軽減税率対策はお済ですか?

軽減税率制度の導入時期が平成31年10月01日に設定されました。

★軽減税率とは

もうご存知のとおり、品目により消費税率が 8%の商品と10%の商品が混在することになります。 システムの改修範囲としては、品目マスタの変更、納品書・請求書の印字内容の変更、各種台帳(仕入/売上)での税率毎の集計などがあります。

★軽減税率対策補助金とは

消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々が、
複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を
補助する制度です。

★複数税率対応として、2つの申請類型があります

【A型:複数税率対応レジの導入等支援】
複数税率に対応できるレジを新しく導入したり、対応できるように既存のレジを改修したりするときに使える補助金です。

【B型:複数税率対応レジの導入等支援】
電子的な受発注システム(EDI/EOS 等)を利用する事業者のうち、複数税率に対応するために必要となる機能について、 改修・入替を行う場合に使える補助金で、2種類の方式があります。
[B-1型:受発注システム・指定事業者改修型]
軽減税率対策補助金の指定業者にて受発注システムを改修・入替する場合の費用を補助対象とします。
[B-2型:受発注システム・自己導入型]
自らパッケージ製品・サービスを購入し導入して受発注 システムを改修・入替する場合の費用を補助対象とします。

システム・ナロウズは、[B-1型:受発注システム・指定事業者改修型]の指定業者です。

★B型の補助金額

●(小売事業者等の)発注システムの場合の補助上限額は1000万円、(卸売事業者等の)受注システムの場合の補助上限額は150万円で、両方の改修・入替が必要な場合の上限は1000万円となります。
●補助率は、改修・入替に係る費用の2/3です。補助対象範囲外の機能を含むパッケージ製品・サービスについては、初期購入費用の1/2を補助対象経費とし、これに補助率を乗じるものとなります。

★条件

●平成31年9月30日までに導入または改修等が完了したものが支援対象となります。
B-1型は、平成31年9月30日までに事業が完了するように申請
(事前申請。交付決定 以前に作業着手した場合は補助対象になりません。)
●B-1型は、軽減税率対策補助金の指定業者にシステム改修を依頼する必要があります。
詳しくは、軽減税率対策補助金HPへ。

ご相談窓口

システムの軽減税率対応は、軽減税率対策補助金の指定業者である
システム・ナロウズにお任せ下さい。
またこの機会にシステムの機能改善・機能追加、システムの全面リプレイスなどのご相談を承っております。
まずは、お気軽にご連絡ください。

℡078-221-5576 担当 森田まで。

システム・ナロウズ株式会社
〒651-0085
神戸市中央区八幡通4丁目1-11 松竹ビル5F TEL 078-221-5576 FAX 078-221-5588

to PAGETOP